株式会社 福島商店
〒377-0027
群馬県渋川市金井443-3
TEL:0279-22-2948
FAX:0279-22-2946
E-Mail :info@fukushima-s.com

群馬県全域

渋川市,高崎市,安中市,藤岡市,富岡市,榛名町,箕郷町,群馬町,倉渕村,松井田町,新町,鬼石町,吉井町,万場町,中里村,上野村,妙義町,下仁田町,甘楽町,南牧村,前橋市,伊勢崎市,赤城村,北橘村,富士見村,新里村,黒保根村,玉村町,佐波郡東村,桐生市,太田市,館林市,尾島町,新田町,薮塚本町,笠懸町,大間々町,板倉町,明和町,千代田町,大泉町,邑楽町,沼田市,水上町,月夜野町,片品村,川場村,利根村,白沢村,昭和村,新治村,伊香保町,小野上村,子持村,吉岡村,榛東村,中之条町,吾妻町,草津町,長野原町,吾妻郡東村,六合村,嬬恋村,高山村,
その他
その他の地域もご相談に応じます。

室内に入ると目やのどの異変・頭痛やめまい、身体の痒みや湿疹・疲労・・・
シックハウス症候群とは家やビルや学校およびリフォーム後に室内に入ると目やのどの異変・頭痛やめまい、身体の痒みや湿疹・疲労などを発症する現象のことをいう。内装材に使用されている建材中の化学物質が室内に放散することで、室内の空気が化学物質に汚染され、いろいろな体調不良を引き起こす。ただし、この症状があるからといってシックハウス症候群だと決め付けることは難しく、本人の体質遺伝や今までの生活環境なども無視することは出来ません。
症状の発生メカニズムについても未解決な部分も多くあり、複合要因が考えられることから多種化学物質過敏症ともいわれ、治療方法も未解決な部分が多いが数年前よりかなり進んできているようだ。 日本ではシックハウスが一般化しているが、シックビルディングの用語であり、シックスクールなども問題化されている。
シックハウス症候群が急増。安易に工事を依頼するのは危険です。
業者、住み手の意識改革必要

日建新聞の中で渡辺一彦院長は医療の立場から「シックハウス症候群」「化学物質過敏症」について次のように述べている。「シックハウス症候群」は1990年代後半から急激に増加しており、潜在的な患者は数は未知数。「健康被害で重要なポイントは特定の物質に反応を始めると、他の物質に拡大する傾向があり、低濃度でも反応するようになる」とVOC(揮発性化学物質)が他の健康被害の引き金になる可能性が大きいと警鐘を鳴らす。「シックハウス症候群」の症状は3つに分かれる。

  1. アトピー性皮膚炎や喘息、鼻炎、結膜炎などのアレルギー疾患
  2. 「目」がチカチカする、「喉がヒリヒリする」など局所の粘膜が刺激される症状
  3. 頭痛やめまい、倦怠感、施工能力の低下などの更年期障害や自律シンケン失調症

※ 体内への進入ルートとしては・・・

  1. 吸入ルート
  2. 経皮(皮膚)ルート
  3. 経費(飲食)ルート


▲吸入・皮膚・飲食で体内に侵入します。
 

さらに吸入ルートを経由し、大脳辺線を刺激することがある。大脳辺線系は不安や快・不快など情緒を司る場所。特定物質の刺激による症状が繰り返し行われることで反応は強化され、「パブロフの反射」的な現象が人体で起こっている可能性もあるとする。

住む側も認識しなければならないと住み手の意識改革も必要としている。「北海道アトピー環境研究会」では、多くの住宅を調査。計測例の過半数は厚生労働省のガイドラインをクリア、その取り組みを評価している。一方で「新築住宅やリフォーム後の住宅で被害が増えている」と知識不足の住宅業者が依然と多いことを指摘。さらに、「ガイドラインの値以下で発生するケースもあり、基準値に疑問を感じる」と基準値が絶対的な安全値にはならないと強調する。
 

原因となる物質
  1. ホルムアルデヒド :合板やパーティクルボード・中密度繊維板(MDF)などの建材や壁紙・接着剤・一部の防腐剤として使用されている。臭気が強くのど・目・皮膚などに症状がでる
  2. トルエン・キシレン・エチルベンゼン : 俗に言うシンナー類である有機溶剤として、接着剤・塗料・インキ・テープなどに使用されている。目・のどに刺激・ 神経系・頭痛などの症状がでる。
  3. スチレン :フローリーング材のUV塗装・ポリエステル合板などに含まれている。強い刺激臭がり頭痛や目の疲れ・中枢神経異常・皮膚炎などの症状がでる。
  4. p-クロロベンゼン :タンスの中に置く防虫剤や芳香剤や殺虫剤などに使用されている。目・皮膚・のど・肝臓機能低下などの症状が出る
  5. 有機リン系農薬 :床下の防腐剤・や防蟻剤あなどに使用されている事がある。化学物質による症状は個人により異なり、同じ症状でもシックハウス症候群ではないこともあります。不信に思ったらまず専門医に相談する事をおすすめすます。

シックハウスの原因となる物質は生活の中にあふれている。しかも、空気感染するという特徴をもっています。普段生活する住まいだけでなく、厳密に言えば外出先でも注意が必要となるのです。


化学物質濃度指針値

ホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)とよばれる化学物質が原因となっています。
どのくらいの濃度で症状があらわれるかは、個人差が非常に大きいため、「この濃度以下なら大丈夫」とは一概にいえませんが、厚生労働省が下記の物質について室内濃度指針値を示していますので、ひとつの目安とされるとよいでしょう。

化学物質名どこから発生するの?室内濃度指針値※
ホルムアルデヒド合板、接着剤、タバコの煙、
石油・ガスを用いた暖房器具など
100マイクロg/立方メートル
(0.08ppm)
トルエン塗料・接着剤を使用した家具など260マイクロg/立方メートル
(0.07ppm)
キシレン塗料・接着剤を使用した家具など870マイクロg/立方メートル
(0.20ppm)
パラジクロロベンゼン衣類の防虫剤、トイレの芳香剤など240マイクロg/立方メートル
(0.04ppm)
エチルベンゼン塗料・接着剤を使用した家具、燃料油など3800マイクロg/立方メートル
(0.88ppm)
スチレン断熱材、畳の心材、浴室ユニットなど220マイクロg/立方メートル
(0.05ppm)
クロルピリホス防蟻剤(シロアリ駆除剤)1マイクロg/立方メートル
(0.07ppb)
但し、小児の場合は1/10
フタル酸-n-ブチル塗料、接着剤、顔料など220マイクロmg/立方メートル
(0.02ppm)
テトラデカン灯油、塗料など330マイクロg/立方メートル
(0.04ppm)
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル壁紙、床剤、電線被覆、各種フィルムなど120マイクロg/立方メートル
(7.6ppb)
ダイアジノン殺虫剤0.29マイクロg/立方メートル
(0.02ppb)
アセトアルデヒド接着剤、防腐剤48マイクロg/立方メートル
(0.03ppm)
フェノブカルブ防蟻剤33マイクロg/立方メートル
(3.8ppb)
※両単位の換算は、25℃の場合による。
シックハウス対策・測定は住環境測定協会会員、(株)福島商店にお任せください
シックハウス対策・測定は、住環境測定協会の私たちにご相談・測定依頼などお申し込み下さい。

事業者登録 0000779 株式会社福島商店

住環境測定工 20041000002 福島丘泰

測定費用
測定費用は、測定の場所やポイント数などにより変わります。まずはお問合せください
もっと詳しく知りたい方へ
  1. NPO法人 住環境測定協会ホームページ (当社の加盟している協会です)
  2. 直接お問い合わせ行う (メールでもお電話でも結構です)